WEC

テクノロジー

2016年FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する新型Audi R18

Audiスポーツは、2016年シーズンに向けてAudi R18を根本から再設計しました。2016年ル・マン24時間レースとFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する新しいLMP1レースカーには、革新的なエアロダイナミクス、次世代を象徴する軽量構造、リチウムイオンバッテリーを使用した改良型のハイブリッド・システム、そして燃費性能がさらに高められたTDIエンジンが採用されています。Audiは今シーズンも勝利を目指し、ゼッケン7号車と8号車の2チームを擁して挑みます。


技術革新された新型ハイブリッド・スポーツカー

Audiは、FIA世界耐久選手権(WEC) 2016年度シーズンとル・マン24時間レースに向け、徹底的な見直しに焦点を当てた開発を行ってきました:新型Audi R18はゼロから再設計され、先代モデルからの共通部品は殆どありません。急進的なエアロダイナミクスを特徴とする新型には、新たなセーフティセル、初めてバッテリーを採用したハイブリッドシステム、改良版V6 TDIエンジン、新たなシステムソリューションを採用。AudiはこのLMP1スポーツカーにおいて、先代モデルを上回るパワー、そしてはるかに高い燃費効率を実現しています。

マシンは、TDIハイブリッドパワートレインによる1,000馬力以上の出力を発生しながら、燃料消費量は従来より10%削減。高い効率性が求められる技術規制の下、Audiは新たな数値を達成し続けています。2014年以来、厳しさを増し続けるFIA世界耐久選手権(WEC) の技術規定により、各メーカーにはさらに効率性の高いレースカーの構築が求められています。2016年シーズン以降はル・マンにおける燃料消費量の上限が1ラップあたり10MJ減少するため、この競争の激化が予想されます。Audiモータースポーツ代表、Dr.ヴォルフガング・ウルリッヒは、次のようにコメントしています:「以前よりもさらに効率的にエネルギーを管理するレースカーを設計しました。エネルギー効率の向上は、我々の一般車両の開発においても取り組んでいる目標です。」



Audi R18 (2016)の技術データ

車両タイプ
ル・マン・プロトタイプ (LMP1)
モノコック
アルミハニカムコアとザイロン製サイドパネルを有したカーボンファイバーコンポジット構造、厳格なFIA安全基準に従った試験済、CFRP衝撃吸収構造 (フロント/リア)
電気システムのバッテリー
リチウムイオンバッテリー
エンジン
Audi TDI、ターボチャージャーを備えたV6エンジン、バンク角120度、各シリンダーあたりのバルブ数4、Garrett VTGターボチャージャー1基、直噴ターボディーゼルルTDI 、完全一体化されたアルミニウム製シリンダーブロック
排気量
4,000cc
最高出力
378kW (514馬力) 以上
最大トルク
850Nm以上
貯蔵システム
リチウムイオンバッテリーによる電気化学エネルギー貯蔵システム、利用可能なエネルギー貯蔵量は2MJ以上
電動発電ユニット (MGU)
フロントアクスルに1基装着、統合された.リミテッド・スリップ・デフ (差動制限装置)。低温冷却回路はMGU、統合されたパワー・エレクトロニクス、エネルギー貯蔵システムを冷却。MGUの出力: エネルギー回生とブースト出力共に350kW以上 (ル・マンでのブーストは300kW)
出力クラス
ERS 6MJ (ル・マンでの有効値)
駆動方式
後輪駆動、トラクションコントロール (ASR)、ハイブリッド・モードではe-tron quattroによる四輪駆動
クラッチ
CFRP製クラッチ
トランスミッション
6速シーケンシャルのレーシングトランスミッション
デファレンシャル
リミテッド・スリップ・デフ (リア)
トランスミッションケーシング
チタンインサートを組み込んだCFRP製
ドライブシャフト
CV式三叉プランジジョイント
ステアリング
電動アシスト付きラック・アンド・ピニオン型ステアリングギア
サスペンション
前後ともダブルウィッシュボーン式独立サスペンション、フロントはプッシュロッドシステム、リアはプルロッドシステム、
ブレーキ
2系統油圧式ブレーキ・システム、モノブロック軽量合金キャリパー、カーボンファイバー製ベンチレーテッドディスク (前/後)
ホイール
O.Z. マグネシウム鍛造ホイール
タイヤ
ミシュラン・ラジアル、
フロント: 31/71-18、 リア: 31/71-18
全長
4,650mm
全幅
1,900mm
全高
1,050mm
最低重量
875kg
燃料タンク容量
49.9リッター


http://d39nopeev433hx.cloudfront.net/